人並みに生きる

長編漫画 『姫様 華麗なる変化(へんげ)』 連載中。不知火 晶氏(しらぬい しょうじ)です。  各話の間にイラストや世間話も。お気軽にお立ち寄り下さいませ。

乗られてます~

今の所、ストーリー漫画の進捗状況以外は過去絵アップが多いですね。
どうしても漫画にかかりきりで・・・その漫画のキャラの設定落描きくらいなら描けるかな。
しかし、過去絵も下手すると数百点くらいあるかもな~。
や、部屋に一枚過去絵が隠れてると、50枚はあるって言われてますからね・・・。
だから50枚どころじゃないですって・・・。
とっととアップしないと(冷やし汁)。


乗られてます~


ブログ人気ランキングに参加しています。
↓バナーの応援ぽちしてもらえると有難いですー

    にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

 

亀トットの脱走~w


     アブー
     出典:http://www.tobuzoo.com/zoo/list/details/376/

岡山県の渋川動物園(玉野市渋川3丁目)で飼育されている大型陸ガメのアルダブラゾウガメ「アブー」。
8月に脱走して、二週間後に民間人に発見されたとニュースになっていました。
なんてゆ~か、放し飼いでお客さんと触れ合えるようにしている動物園の方針は分かるけど、体調1Mもある亀トットに脱走されるとは、その動物園の呑気ぶりってどんだけ~!? と思いますよね。
しかも前にも脱走経験があるそうでw 
対策取れよ、動物園!www

9.23放映の『志村どうぶつ園』にて、動物と話せるハイジのコーナーでアブーが登場していました。
なんでもアブーさんは物凄くお利口なカメさんらしく、周囲の人間の様子からその人の状況もわかる程だそうで。
脱走したのは「外の世界が見たかったから」との事。
なんと冒険心旺盛なw
どうやら二週間の間に誰かに拾われて、庭らしき場所でこっそり飼われていた様子。レタスをもらったとか、ホースで水をかけてもらって気持ち良かったといってました。
確かに脱走前と後では、後の方が身体が綺麗になっていましたヨ。動物園は、普段から綺麗にしてやれよw。
多分、脱走がニュースになった事でこっそり飼っていた人がビビり、また山に戻して置き去りにしたのではないか、との事でした。園からさして離れてはいない場所ではあったけど、道路と高さ1Mのコンクリート壁で隔てられている、その壁の向こう側で発見されたので。
亀に乗り越えられる訳ないですし不自然ですよね。
それで無事戻ってきたアブーさんは飼育係の人に「またちょっとならお出かけしてもいい?」と尋いてるそうです。
ハイジさんも笑ってました。
ガッツがあるのぉ、アブー! その意気や良し! 
・・・でもやっぱ、脱走は駄目でしょうw

アブーの聡明さにもびっくりでしたけど、動物園のだらしなさにもびっくりした一連の事件でしたw


ブログ人気ランキングに参加しています。
↓バナーの応援ぽちしてもらえると嬉シ~ノ~

    にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ


 

コミティアに行かなくてはと思うけど~

同人オタク、創作に関わる者ならオタクの殿堂コミケ・コミティアに通わねば~と思うのですが、それぞれ数回程度出店・一般参加した後はもう十数年、足を向けておりません。
皆むっちゃ可愛い絵で華やかな本出してて、萌え絵が描けないショボい自分なんざ、お呼びじゃな~~い!! と落ち込んで帰宅する羽目になるので、気が重いっす。
前回の春の名古屋コミティア(まあまあ地元)は、関東から出張して来られた会長からお誘いを受けたのにバックレてしまいました。後からお詫びメールを出しましたが、上記以外にも気が重い事情がありまして。

今所属している会に嫌いな奴が・・・w。
姉が一年半前に脳梗塞で倒れ、それを会のブログの中のチャットでぼやいていた所、その人に何度も執拗にどぎつい当てこすりを言ったりやったりされ、とうとう私はぶちのめされてチャットを追い出されてしまいました。
もう一年半、チャットにはお邪魔していない状態です。
異常に鈍!でがさつでめでた過ぎて、自覚無く残酷な仕打ちを平気でする人なので、相手が気が付かない、傷付いてないと思っているかもしれません。

愚痴をこぼさない人に「みっともないから止めときなさい」とたしなめられるなら、反省もします。
しかしね。
こいつ本人が一番、会誌やチャットで愚痴を言いたい放題にしているのです。
会社の上司ガー、無能な部下ガー、歯医者が怖いー、etcetc。自分が愚痴をこぼすのはよくて他人の愚痴は鬱陶しいから相手が消えるまで攻める、底意地の悪い攻撃性。大幅に締め切りを破っておいて、「自分はあんなに忙しい、こんなに忙しい、間に合うと思う?」・・・。
身勝手さがうかがえます。
加えて自分で箸持って食事してるんだろうか?と疑うほどに一人で何にもできず、とにかく他人に頼りっ放し。友達(その人も会員さんです)をしょっちゅう自宅に呼びつけて、通販で買った棚の梱包をほどく所から組み立てまでやってもらう。パソコンの設定や調子が悪い時も全部見てもらう。原稿を手伝わせ製本もやらせて、イベントにも付き合わせる。
頼られている方とはおそらく共依存関係でしょう。別に勝手にやってろと思いますけれど。
私を追い出しておきながら他の方とのチャットで「ホロスコープで占って欲しい」とか「買ったままの製図道具の使い方を教えて欲しい」とか。
唖然・・・。何様? 豚姫様の為に、私はその場で見た事もない道具の使い方をマスターして、教えて差し上げにゃならんのか? 人が自分の為にご奉仕するのが当たり前だと思っているという。 
人を利用することしか考えていない、どこまでも甘ったれた寄生虫。幼児性エゴの塊です。
自分の特異な性格を自覚していないんだよ。

こういう独善的な人間はたまにいますが、こうした人の共通点として「自己評価が自己完結」しています。
客観性を欠き、社会の中での自分の位置付けが出来ていないので、うぬぼれて自信満々です。故に人間性も能力も成長しません。こういう人に限って「凄い」と思った事は一度もありません。凄い人たちは客観的に自分(の作品)を見られるからこそ、欠点を修復して高いレベルに到達できるのですもんね。

他の会員さんにも、いつも通り軽薄にアハアハ笑いながら「可愛い女の子が銃持ってりゃそれでいい」とか失礼にも云い放ったり。気分任せで言いたい放題、やりたい放題。その時この方が傷付いたかどうか判りませんが、これ言われた方は美学を持って非常に達者な絵を描かれる方です。何故お前が言うんだ? 恥知らずもいい加減にしろよ。
ここだけの話、こいつのニヤ~けた気色悪い自画像カットを見るのが嫌なので、会誌を切り取ったり閉じたりしていますw。

当てこすりって案外、言われた本人以外に気が付かないものか、はたまた恵まれすぎてるのか、子供のうちに矯正されなかった様子。他人やその作品に敬意を払う事もなく、悪意や毒を向けて嘲る性格は一生治らないでしょう。
創作には観察力、物の本質を見抜く洞察力が必要と思うけれど、良い人過ぎる他の会員さんは誰も見抜けない様子・・・。誰にも本音を話せず孤独です。

積極的に悪意を向けてくる人間に、本当なら作品すら読まれたくない。それは仕方ないけれど、自分からは近寄らないのが一番です。
しかし残念ながらイベントなどで他の会員さんと先に仲良くなられた以上、こちらはグループ全員と距離を置くしかありません。それでもいつかはイベントに行きたいのですが、都合良く一人だけ避けられないし、濃いめの付き合いを強要されそう。仕事ならともかく、趣味でまで「お付き合い」のために嫌いな人間と世辞を云い合って欲しくもない本を交換したりするのは苦痛でしかありません。
困ったなぁ。誰か一人でも、こいつの卑しい本性に気が付いてくれないものかw。


ブログ人気ランキングに参加しています。
↓バナーの応援ぽちしてもらえると励みになります

    にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ

 

猫バンバン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010000-norimono-bus_all
ヤフーニュースより

車のエンジンルームに猫が入り込み、気付かずにドライバーが車を発進させる事故が起きています。
確かに、路上に止まってるよその車に近づいたら、驚いた猫がタイヤとホイールの間から飛び出してきて、こちらも驚いた事もあります。
特に冬に、駐車して間もない車のエンジンルームの余熱を求めて入り込みそうですよね。思っているより案外多いかもしれない。

そう、何より我が家も同じ体験をした事がありまして・・・。

もう20年以上前だったかと思いますが、エンジンルームに入り込んだ猫に気付かず車を発進させてしまって猫さんはそのまま息絶えてしまい、ボンネット開けて確認すると、熱で焼けてこびりついていたそうです。
母が苦労して片づけたと後でぼやいてました。こういう仕事は大抵、うちでは当時存命のヘボ親父でなく、気丈な母が作業していましたので・・・。
うちの近所は昔から野良猫が多いので油断ならないです。シャッター付きのガレージなんてないし、気を付けないと。
ごめんよ猫さん・・・。

だから猫さんに気付いてもらい、事故を防ぐために、発進前にボンネットをばんばんやらないとあかんのですね。
それが通称、猫バンバン

車は構造上、ボンネット内の熱を逃がすために穴が開いているのは分かるけれど、メーカー側もこういう事故が報告されているのだから、多少目の粗くて熱に強い金網を底部に張って異物が入り込まないようにするとか、何らかの対策して欲しいっすよ。

藪の中の仔猫


ブログ人気ランキングに参加しています。
↓バナーの応援ぽちしてもらえると嬉シ~ノ~

    にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ


 

命の値段


命の値段
                http://iko-yo.net/articles/1619 より

いつも思うのですが、事故・事件に巻き込まれて人が亡くなった場合。
例えば観光や出張で、飛行機に乗って現地に出向いて、墜落死した場合。
それがたまたま発展途上国だったりすると、例えば一人1,000万の補償額だとすると、1,000万1円はその人の命より多額のお金という事になってしまいます。
どこかで区切りは付けなければならないので致し方はないかもしれません。亡くなったのが例えば先進国で一年に何億も稼ぐような起業家や有名人だったりすると、到底稼ぎに見合わない金額です。でもそれが相手国の相場なんだから諦めて承諾せざるを得ません。納得できないなら司法に訴えるしかない。

犯罪に遭って命を落とした場合もやはり、被害者は民事裁判で生涯賃金と年齢から逸失利益を算定して加害者に請求するけれど、非正規雇用者や障碍者となると残酷な値段がきっちり算定されて、低く見積もられがちです。
ある障害者が労働災害で命を落として、例えば5000万の賠償金が付いたとして、遺族が「命の差別」だとして健常者と同じ金額を付けるよう裁判を起こし、訴えが認められ、
2億に増えた。勝訴だと遺族は喜びます。
差別が無くなった事は良いと思うけれど、そもそも健常者、障害者に関わらず、命がお金に換算されている事に何ら変わりありません。
要するに社長であろうが無職であろうが、請求金額に対して「どれだけ多く取れるか」「どれだけ安くて済むか」の戦いになって、命の値段を他人が決めている事になります。
そこで算出された金額には故人の人間性やどう生きたか、はたまた生前の希望は全く関係ありません。
単純に社会的立場だけ見ての、お金のやりとりです。

素朴な物々交換だった時代からお利口なご先祖が貨幣を生み出して、すべて金中心に世界が回るようになってしまいました。仮想通貨まで生まれてしまい、複雑な金融工学に付いていけない者はずっと、経済的には底辺に甘んじざるを得ない状況です。
物どころか命にも値段が付くようになり、死に方によっては、生前の稼ぎ具合によって裁判官や企業が下した評価がそのまま適用される現代。
明るい性格で友人が多かった65歳のAさんが市営プールの運営ミスで溺れ死んだら、値段は一億円。
真面目で家族思い、責任感が強かった38歳のBさんが過労で亡くなったら値段は二億円。
遺族や友人、同僚は涙を流して「一億円」や「二億円」を悼むのです。

それなのに何故、人々は「人の命は皆平等」などと倫理的な綺麗ごとの建前を口にするのでしょうか。現にこうして年齢や性別、収入で差は付いているのに。
「誰もが平等」なら、「人の命は何物にも代えがたい」なら、では何故、値が付いているのでしょうか。

どれだけ納得がいかなくても、人が生きていくには金が必要だし、「命=お金」は動かしがたい現実。

現代とは、なんと窮屈で不条理が渦巻いている事でしょうか。




ブログ人気ランキングに参加しています。
↓バナーの応援ぽちしてもらえると嬉シ~ノ~

    にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
 

 | HOME |  »

プロフィール

ぬいん

Author:ぬいん
昭和臭ぷい~んの漫画やイラストですけど、よろしくネ。

カテゴリ

姫様 華麗なる変化 1話  (29)
姫様 華麗なる変化 2話  (20)
姫様 華麗なる変化 3話  (30)
姫様 華麗なる変化 4話  (20)
姫様 華麗なる変化 5話  (0)
お絵描き 色付き (21)
お絵描き 色なし (137)
劇画イラスト (27)
漫画イラスト (15)
しまうまシリーズ (16)
カット (79)
創作日記 2017~ (14)
詩 (4)
ふつう (70)
未分類 (0)

お小遣い稼ぎ・広告

   ↑ここから登録すると200ポイントがつきます                   お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!                                                                            ※免責事項・・・上記お小遣いサイトの御利用により万が一何らかの損失を被っても一切の責任を負いかねますので、登録・御利用は自己責任でお願い致します。                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

最新記事

月別アーカイブ

タグ

ストーリー漫画 生頼範義 ホロスコープ バチカン奇跡調査官 おそ松さん しまうま キャッスル 交通弱者 シンシン 魔法陣グルグル ハンス・ベルメール 小さいおじさん 網戸の張り替え スマップ 萬屋錦之介 死の軸 プログレス 美空ひばり 熱中症 アガサ・クリスティ 恐山 稲垣吾郎 ジュセリーノ ラファエル・ナダル ロジャー・フェデラー 精密画 アンディ・マレー ノバク・ジョコビッチ はっか飴 ウィンブルドン選手権 涼風扇 ホウ酸団子 マクモニーグル 不幸の手紙 ひなたぼっこ DIVE!! ハワイファイブオー 賭ケグルイ 月刊ムー ヴァンサン・カッセル 井上和彦 神谷浩史 美輪明宏 石田彰 諏訪部順一 神撃のバハムート 荒野の用心棒 ダーティーハリー 織田信成 浅田真央 ブログデビュー 田舎もん ブロギング 鬼平犯科帳 ブラックリスト2 マイノリティ ジェイムズ・スペイダー リニア開通 名古屋駅再開発 中村獅童 ペトラ・クビトバ トマシュ・ベルディハ 美女と野獣 エマ・ワトソン クリムゾン・リバー 駄菓子屋 河童 ネッシー ビスコ 高麗人参 ビル風 マリア・シャラポワ アルコール・インターロック機能 ツチノコ コンセプトカー ブラック・スワン こざくら餅 ウルフガイシリーズ 平井和正 叶精作 戌年 弱小ブログ エコ贔屓 麒麟 干支 小池一夫 ダミー・オスカー 武道館ライブ 風船 誕生日 年賀状 落描き クリスマスプレゼント アンドロイド 着ぐるみ 中国雑技団 FIFAワールドカップ ハリー・ポッター シモン・アマン エゴン・シーレ 空き家 シュール 廃墟 ミシェル・クワン アレクセイ・ヤグディン フィギュアペア 冬季オリンピック ソルトレイクシティ マリナ・アニシナ グウェンダル・ペーゼラ イリヤ・アベルブフ イリーナ・ロバチェワ クリント・イーストウッド あなたの中の人の正体 クレヨンしんちゃん 舛添要一 やなせたかし 堀江貴文 アナログ絵 猫バンバン 命の値段 アンパンマン ウルフガイ うまい棒 クッピーラムネ オリオン座 エイトチョコレート キョロちゃんチョコボール 電動自転車 チロルチョコ アブー 志村どうぶつ園 ピンピンコロリ PPK 生え際OK ベルセルク ポリゴン・ピクチュアズ 亜人 シドニアの騎士 アデランス アートネイチャー 馬鹿は死んでも治らない ピンヒール 過去絵 ブレードランナー ブレードランナー2049 エイリアン ターミネーター 人参 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる